紹介/派遣.IT.貿易.外国人労働者に関する企業 
TEL:06-6628-0299

テレワーク

IT開発/中国語人材/日本IT和中文工作

新型コロナウイルスの影響で在宅ワークが推奨されるなか、テレワーク(英: telework)、テレコミューティング(英: telecommuting)という勤労形態を採用する企業が増加しています。

2017年から総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省の4省は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会時の交通混雑緩和を目的に、テレワークの普及拡大と、テレワーク・デイズを実施していました。

テレワークという勤労形態は正社員だけに限らず、派遣社員にも徐々に広がりつつあり、特にパソコンとインターネット通信環境があれば業務が行えるIT関係業務には導入が容易であり、企業のオフィス維持コスト削減に向けて積極的に導入が進んでいます。

ハイスキルのITエンジニアであれば、派遣、フリーランスを問わず時間に縛られないテレワークという働き方が可能になり、加えて空いた時間に副業をすることも可能となってきています。

テレワークには勤務・業務管理などに幾つかの課題はありますが、今後の働き方改革の柱になることは間違いなく、働き方の一つとして大きなウェイトを占めると予想できます。SNSを活用するインフルエンサーなども一部テレワークと共通する業務形態ではないでしょうか。

パソコンが苦手な方は、まずはテレワークに必要な最低限のIT知識(パソコン操作など)を学ぶことから始められては良いのではないでしょうか。40歳、50歳、60歳からITプログラマに転職される方もおられます。いつ始めてもITを学ぶのに遅いということは無いと思いますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です